首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 年耕)は、12月の渋滞予想を取りまとめましたので、お知らせいたします。
首都高速道路では、12月は一年の中でも渋滞が多い月となっており、特に年末に向けて平日の渋滞が多くなる傾向にあります。昨年度は、渋滞が多い上位10日のうち、3日が12月でした。
(2017年12月25日(月)[5位]、同22日(金)[6位]、同26日(火)[7位])

今年も、中旬以降の平日、特に業務交通等が集中する金曜日を中心に渋滞が多くなる見込みです。
ご利用の際は、『渋滞予想カレンダー』(別紙1)及び『時間帯別混雑予想』(別紙2)を参考に、ご利用日の変更、余裕を持ったご利用をお願い致します。

一方、業務交通の落ち着く年末年始期間は、他の高速道路と異なり、渋滞は少なく推移すると予想していますが、例年1月2日は、交通量・渋滞ともに比較的多くなる傾向にあり、2019年1月2日(水)も同様の傾向と予想しています。また、レジャースポット等の周辺出口等でも渋滞が予想されますので、『年末年始期間に特に渋滞が予想される出口等』(別紙3)を参考に、余裕を持ったご利用をお願い致します。

なお、12月は試行的に週間天気予報で『渋滞予想カレンダー』の更新を行うとともに、渋滞が特に多いと予想される日は気象状況を加味した『時間帯別混雑予想』を提供します。(別紙4)