代表取締役社長 前田 信弘

私たち首都高速道路株式会社は、首都圏の大動脈である首都高速道路の建設、維持、管理に日夜携わっております。引き続き、新型コロナウイルス感染症への対策を図りつつ、常にお客さまの視点に立ち、質の高いサービスを提供していくことが、私たちの使命であると考えております。

これからも、お客さまにより安全・安心に首都高速道路をご利用いただけるよう、日々の点検、補修等を適切に実施するとともに、構造物の長期的な安全性を確保するため、大規模更新・大規模修繕事業を着実に推進します。

また、脱炭素社会の実現を見据え、新大宮上尾道路等のネットワーク整備や渋滞対策等を推進するとともに、日本橋区間地下化事業についても、周辺のまちづくりと連携して取り組むほか、ETC専用化や新たな料金施策の推進など、お客さまへより快適で便利なサービスの提供を目指してまいります。

さらには、豊かな暮らしへの貢献と安定した収益基盤の確立のため、駐車場事業、PA事業、技術コンサルティング事業の拡大に取り組むなど高速道路事業以外の分野においても積極的に展開してまいります。

なお、間近に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では景観向上や大会本番時の交通輸送の円滑化のための取組みを通じて、大会運営を支える交通ネットワークとして、その成功に貢献してまいります。

最後に、これからも首都高グループ一丸となって、首都圏のひと・まち・くらしを結び、豊かで快適な社会の創造に貢献してまいりますので、皆様の一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。