首都高の取り組み

首都高の取り組み

EFFORTS OF SHUTOKO

走行空間の景観改善

No.2 湾岸線 東京港トンネル(東京都品川区)

トンネル入口付近の壁面(坑口)の塗替えをしました。
壁面の色彩は、隣接する換気所やトンネル内装との調和を考慮して「ブルーグリーン」にしました。

トンネル入口付近の壁面(坑口)の塗替えをしました。

No.3 4号新宿線 外苑入口(上)(東京都新宿区)

新国立競技場付近にある外苑入口において、発錆等で汚れていた門型標識柱や外苑入口の擁壁の塗装補修により構造物の耐久性能を向上しました。
配色についてはグレー、擁壁はホワイトにしました。

トンネルの壁面に白いタイルパネルを設置しました。

No.4 都心環状線 青山トンネル(東京都港区)

青山トンネルについて、既設のタイルを新たに白いタイルパネルへ置き換えたことにより安全性や視認性、照明効果を高め、トンネル内走行空間の景観向上を図りました。

トンネルの壁面に白いタイルパネルを設置しました。

No.5 都心環状線 飯倉トンネル(東京都渋谷区)

飯倉トンネルについて、既設のタイルを新たに白いタイルパネルへ置き換えたことにより安全性や視認性、照明効果を高め、トンネル内走行空間の景観向上を図ります。

トンネルの壁面に白いタイルパネルを設置しました。

No.6 湾岸線 空港南トンネル(東京都大田区)

羽田空港の近傍に位置する空港南トンネルの天井面や壁面上部において、塗装を実施しました。
これにより、安全性や視認性、照明効果も高まり、トンネル内走行空間の景観向上を図りました。

トンネルの壁面に白いタイルパネルを設置しました。

No.7 都心環状線 霞が関出入口(東京都千代田区)

霞が関出入口について、発錆等で汚れていた擁壁やガードレールの塗装補修により防食性能を向上し、擁壁には塗装補修を実施し安全性の向上を図りました。
配色をホワイトにすることで、周辺の高層ビルやマンション等が集積する都市風景との調和に寄与しています。

トンネルの壁面に白いタイルパネルを設置しました。

No.8 神奈川3号狩場線 石川町入口(神奈川県横浜市)

首都高速の料金所について、ブースや大屋根など全体を、新たな標準色として規定されたグレー系に統一しました。
ここでは、石川町入口の例を示します。なお、石川町入口では大屋根を改修し側面をルーバーとしました。

トンネルの壁面に白いタイルパネルを設置しました。

No.9 4号新宿線 外苑入口(東京都渋谷区)

外苑入口(上)においては、新国立競技場や明治神宮外苑の木や緑と調和するデザインの料金所に改修し、天井は新国立競技場のイメージを踏襲して木目調、側面フェンスは軒天に比べ落ち着いた柿渋色としました。
料金所ブースはグレー系にしたことで煩雑感を軽減しました。

トンネルの壁面に白いタイルパネルを設置しました。