首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)は、上り勾配での速度低下を防止するため、視覚効果を利用した渋滞対策「エスコートライト」を、3号渋谷線(下り)池尻付近において、平成27年2月16日(月)10時より実施します。

この場所は、池尻入口合流後に約3%の上り勾配区間があるため、無意識の速度低下による渋滞が発生しており、手前の大橋JCTで合流する中央環状線にもその影響が及んでいます。
この対策として、速度回復誘導灯「エスコートライト」を路側に設置し、灯具の光を進行方向へ連続的に流すことで無意識の速度低下を防ぎ、渋滞を軽減します。

<エスコートライトの概要>

場所 3号渋谷線(下り)池尻付近(池尻入口~三軒茶屋出口間の左側234m区間)
運用開始日 平成27年2月16日(月)10時
点灯時間 朝~夜まで連続点灯し、深夜は消灯(運用開始後の交通状況により見直します)

詳細は別添資料をご覧ください。