首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)は、環境施策の一環として、また、首都高速道路内の電欠防止を図ることがお客様の利便性向上に繋がることから、既設4基に加え、電気自動車用急速充電器を新たに4基設置します。
今回の設置により、既設4基と合わせて、東名高速・中央道などの都市間高速道路と接続している路線のパーキングエリアに急速充電器が設置され、電気自動車ユーザーの方がより安心して首都高速道路をご利用できることになります。
設置にあたっては、平成24年度補正予算「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」を活用するため、「次世代自動車充電インフラ整備促進事業に係るビジョン」を策定し、ホームページにて同日付けで公表します。なお、運用開始は平成26年4月を予定しています。

概要

設置場所 3号渋谷線(上り)用賀パーキングエリア  1基
4号新宿線(上り)代々木パーキングエリア  1基
5号池袋線(上り)志村パーキングエリア  1基
川口線(上り)川口パーキングエリア  1基
利用開始時期(予定) 平成26年4月
利用可能時間 24時間

首都高速道路における急速充電器設置位置図

首都高速道路における急速充電器設置位置図

急速充電器の設置例(写真は八潮PA)

急速充電器の設置例

※「次世代自動車充電インフラ整備促進事業に係るビジョン」は、首都高速道路株式会社のホームページをご覧ください。