首都高を、もっと楽しく 首都高で行こう

企業情報
CORPORATE INFORMATION

イメージ

プレスリリース(2010年度)

2010年09月08日
首都高速道路株式会社

首都高は今年もピンクリボンフェスティバルを応援します

~レインボーブリッジの主塔とケーブル照明をピンク色に点灯~

首都高速道路株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:橋本 圭一郎)は、公益的広告事業の一環として、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを啓発する「ピンクリボンフェスティバル」(日本対がん協会など主催)の趣旨に賛同し、平成22年10月1日(金)日没から24:00まで、レインボーブリッジをピンクにライトアップします。
この機会を通じて、首都高をご利用のお客様、周辺地域の多くの方々にこの取り組みを知っていただき、乳がんに対する意識を高めるきっかけになればと考えております。

実施概要

日時:平成22年10月1日(金)日没~24:00
場所:レインボーブリッジ(高速11号台場線)
内容:シンボルカラー(ピンク)による主塔上部(外側2面)及びケーブルの照明点灯を実施

ライトアップイメージ
ライトアップイメージ

ピンクリボンフェスティバルとは
日本では現在、女性の16人に1人が乳がんになるといわれています。自分自身の問題として意識をしていない方が多く、乳がん検診受診率はまだまだ低い状況です。乳がんは早期に発見すれば治癒率の高いがんであるにもかかわらず、死亡者数は増加傾向にあります。決して他人事ではない乳がんを自分の問題として意識してもらいたいと、2003年から「街」と「人」をコンセプトに、ピンクリボンフェスティバルを開催。イベント開催や、街のデコレーション、ライトアップなどを通して、ピンクリボンのメッセージを発信する活動を実施しています。

お問い合わせ

首都高速道路株式会社
 事業開発部 事業企画グループ
 TEL 03-3539-9225