国土交通省関東地方整備局、国土交通省国土技術政策総合研究所及び各高速道路会社〔東日本高速道路株式会社関東支社、中日本高速道路株式会社東京支社、八王子支社及び首都高速道路株式会社〕は、ITS(高度道路交通システム)を用いたスマートウェイサービスの展開を図るため、協議会(スマートウェイ関東地方協議会)を設置し、その運用開始に向けて調整を進めてきました。
そのうち首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:橋本 圭一郎)では、先行的に3号渋谷線、4号新宿線、5号池袋線、都心環状線を中心に道路に設置された32箇所の「ITSスポット」と自動車に搭載された「ITSスポット対応カーナビ」との高速大容量通信により、3つの基本サービスを提供しています。
この度、上記の路線に加え、平成23年1月31日より首都高速湾岸線全線に33基のITSスポットを整備し、サービスを開始します。これを皮切りに、平成23年3月までに、全国の高速道路上を中心にしたITSスポット約1,600箇所が段階的に完成し、全国サービスがスタートします。
今後もITSスポットサービス等、新たな技術を反映したより高度な情報提供サービスに努めてまいります。

ITSスポットサービスの詳細