首都高を、もっと楽しく 首都高で行こう

企業情報
CORPORATE INFORMATION

イメージ

プレスリリース(2004年度)

2004年10月26日
首都高速道路夜間割引社会実験協議会

首都高速道路夜間割引社会実験の延長について

 平成16年4月27日から平成16年11月1日までの期間で実施している首都高速道路の夜間割引社会実験について、実施期間を延長し、平成17年3月31日まで引き続き実施することとしましたので、お知らせします。
 実験においては、一般道路から首都高速道路への転換等により割引時間帯のETC利用が1日当たり約8,300台増加(約21%増)するとともに、一般道路の騒音が最大3dB低減するなど一般道路の沿道環境改善や渋滞緩和に一定の効果を確認しています。
 今後も首都高速道路公団が実施する50万台の料金還元をはじめとした全国で330万台の車載器購入支援や回数券制度の抜本的見直しと首都高速ETC前払割引(期間限定)の実施、更には日本道路公団が実施する早朝夜間割引などETCに関する各種施策の実施によりETC利用者の急増と利用形態の変化が見込まれることから、効果・課題の一層の把握を行うため、実験の延長を行うものです。

実施期間を延長し、平成17年3月31日まで引き続き実施

○ 実施期間

  (当初)平成16年4月27日 から 平成16年11月1日 まで
  (変更)平成16年4月27日 から 平成17年3月31日 まで(約5ヶ月間延長)
(実験内容は、現在実施中の内容と同じです)

○ 対象路線

  首都高速道路東京線、神奈川線

○ 対象車両

  ETC無線通行車両の全車種

○ 割引内容

  夜22:00から翌朝6:00前まで
  ・ 東京線(普通車の場合)
    700円 ⇒ 22:00~23:00、5:00~6:00 : 10%割引(630円)
          23:00~ 5:00         : 20%割引(560円)
  ・ 神奈川線(普通車の場合)
    600円 ⇒ 22:00~23:00、5:00~6:00 : 10%割引(540円)
          23:00~ 5:00         : 30%割引(420円)

○ 実施主体

  首都高速道路夜間割引社会実験協議会
  国土交通省関東地方整備局、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、 横浜市、川崎市、首都高速道路公団により構成  

※ 実験結果の中間とりまとめについては別紙-1を参照

お問い合わせ

首都高速道路夜間割引社会実験協議会事務局
(首都高速道路公団 計画部 対策事業推進室内)
 TEL.03-3539-9426

首都高速道路公団 総務部広報課
 TEL.03-3539-9257