今回の改訂においては、名称の変更、電子成果品のメンティスデータルームへの持ち込みによるチェックの廃止、CIM対象事業への対応等の見直しを行いました。

詳細はこちらをご覧ください。