首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:前田 信弘)は、神奈川県道路公社、アマノ株式会社、株式会社日立製作所、首都高ETCメンテナンス株式会社、株式会社ジェーシービー、トヨタファイナンス株式会社、三井住友トラストクラブ株式会社及び三菱UFJニコス株式会社と共同し、ETCカードによる新しい決済サービスである「ワンストップ型ETC」※1の導入に向けたモニターによる第2回社会実験を、本町山中有料道路(現在は現金・回数券による支払)にて、令和3(2021)年10月22日(金)から行います。
今回は、参画するクレジットカード会社を4社に拡大し、実施します。
「ワンストップ型ETC」は、ネットワーク型ETC技術※2を活用し、ETCカードによる料金の支払いを可能とするものであり、キャッシュレス社会の実現に寄与するために神奈川県道路公社が導入を進めているサービスです。
第2回社会実験に先立ち、本日から、ご協力いただけるモニターの方をカード会社ごとに先着200名(合計800名)募集します。本町山中有料道路を1回以上通行し、アンケートにご協力いただいた方には「QUOカードPay(クオ・カード・ペイ)」1,000円分相当をプレゼントします。

カード会社 株式会社ジェーシービー
トヨタファイナンス株式会社
三井住友トラストクラブ株式会社
三菱UFJニコス株式会社
実施期間 令和3(2021)年10月22日(金)10:00から同年12月20日(月)15:00まで 令和3(2021)年12月上旬から同年12月20日(月)15:00まで(※)
モニター募集
(募集要件は別紙1参照)
各社先着200名(合計600名) 先着200名
令和3(2021)年9月15日(水)から 令和3(2021)年11月上旬から(※)
応募状況により、募集人数を変更する場合があります。
場所 本町山中有料道路料金所(神奈川県横須賀市)(別紙2参照)
概要 料金所通過時間の計測やモニターアンケート等から、「ワンストップ型ETC」の導入効果を検証します。(背景・目的は別紙3参照)

(※)詳細が決まり次第、募集サイトでご案内いたします。

  • ※1「ワンストップ型ETC」とは、ETCカードによる新たな決済サービスで、ご利用の際は料金所で一旦停止が必要です
  • ※2「ネットワーク型ETC技術」とは、遠隔地に設置したセキュリティ機能を有した情報処理機器と駐車場等における複数の路側機を通信ネットワークで接続し、路側機で取得した情報を集約させて一括処理することで、ETCカードを用いた決済の安全性を確保する技術です
  • (参考)第1回社会実験の結果は次のとおりです。
    URL:https://www.kdt-kousha.or.jp/monitor2020-result/