首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 年耕)は、2019年10月1日の消費税率改定に伴い、首都高速道路の通行料金を変更いたします。
変更後の通行料金は、2019年10月1日(火)午前0時から適用となります。

1. 基本料金

  • 消費税率が10%となるよう、料金に円滑かつ適正に転嫁します。
  • 端数処理については、これまでと同様に四捨五入し、10円単位の料金とします。
  • 適用する通行料金は、原則、首都高速道路の利用開始時刻を基準とします。
  • 各車種の通行料金は下表のとおりです。
車種 通行料金 ( )内は現行料金との差
軽・二輪 280円(+10円) ~ 1,090円(+20円)
普通車 300円(±0円) ~ 1,320円(+20円)
中型車 310円(±0円) ~ 1,410円(+30円)
大型車 400円(+10円) ~ 2,080円(+40円)
特大車 460円(±0円) ~ 2,650円(+50円)

2. 現金車の通行料金

現金車の通行料金は、原則、各車種における上限料金となります。(一部の区間を除く。)

※変更後の通行料金の詳細につきましては、首都高の料金についてをご覧ください。