弊社では、工事契約の不調・不成立が発生している状況を勘案し、簡易な技術提案を求めず入札参加者の見積りについてヒアリングを行い、見積りの妥当性が確認された項目については、設計金額に反映し、予定価格を設定する「見積活用方式【公募型】【公募・要請併用型】」を、2019年4月1日以降に入札公告等を行う案件から試行導入しますので、ご案内いたします。

なお、「見積活用方式【公募型】【公募・要請併用型】」の試行導入に伴い、「技術提案価格交渉方式(簡易提案・見積審査タイプ)」及び「競争参加要請方式(簡易提案・見積審査タイプ)」による入札は実施いたしません。