首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 年耕)、アマノ株式会社、株式会社日立製作所及び首都高ETCメンテナンス株式会社は、共同で、「ETCの多目的利用サービスの拡大に向けた取り組み」の一環として、イオンモール株式会社(本社:千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1)の協力のもと、イオンモール幕張新都心 ファミリーモール駐車場において、ネットワーク型ETC技術※を用いた試行運用を2月28日から行います。
試行運用にあたり、本日1月26日よりイオンモール幕張新都心 ファミリーモール駐車場の利用者を対象にモニター募集を開始します。モニター登録いただくとETCで入場管理され、無料時間を超えて料金が発生しても、ETC決済によりスムーズに出場できるようになります。

試行運用期間 平成30年2月28日(水)10:00~平成30年3月27日(火)23:00
試行運用場所 イオンモール幕張新都心 ファミリーモール駐車場(千葉県千葉市)(別紙2)
試行運用概要 ネットワーク型ETC技術を活用したシステムを構築し、駐車場の入庫時・出庫時にETCカード番号を用いて通信・決済処理を行う一連のシステム動作を確認します(背景・目的は別紙3を参照)。
モニター募集期間 平成30年1月26日(金)14:00~平成30年2月27日(火)17:00
モニター募集要件 別紙1を参照

イメージ図

※ネットワーク型ETC技術とは、遠隔地に設置したセキュリティ機能を有した情報処理機器と駐車場等における複数の路側機を通信ネットワークで接続し、路側機で取得した情報を集約させて一括処理することで、ETCカードを用いた決済の安全性を確保する技術