首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)は、平成27年3月7日(土)に開通しました中央環状線(高速湾岸線~高速3号渋谷線)について、開通後3ヶ月の整備効果をとりまとめましたのでお知らせします。

  1. 1. 中央環状線全線開通後3ヶ月においても渋滞緩和効果が継続して発現。
    (中央環状線内側において、利用交通量は約5%減少、渋滞損失時間は約5割減少。)
  2. 2. 渋滞緩和に伴い、定時性や走行安全性が向上し、経済活動の効率化に寄与するなど、中央環状線全線開通によるストック効果※も発現。
    (※ストック効果:整備された社会資本により、国民の生活や経済活動に継続的に便益をもたらす効果)
    効果1. 定時性の向上
    目的地への到着が遅れないように、渋滞などによる遅れを見込んで出発時間を早めるなどしていた無駄な時間が減少。
    (例えば、新宿から羽田空港まで行く際の「渋滞を見込んだ無駄な時間」は約15分から約1分に大幅に短縮。あえて早く出発する必要がなくなり、有効な時間の使い方が可能に。)
    効果2. アクセス性の向上
    例えば、羽田空港まで1時間で移動できる範囲が最大約3割拡大するなど、物流の効率化や観光の活性化などにも寄与。
    効果3. 走行安全性の向上
    中央環状線内側において、渋滞が大幅に緩和されたことにより、主に渋滞に起因して発生する追突事故件数については約4割減少。
    効果4. 防災力の向上
    11号台場線などの放射路線で本線通行止めが発生した際に、中央環状線を利用した迂回が可能となるなどリダンダンシー機能を発揮。
  3. 3. 更なる快適走行を実現するため、中央環状線全線開通後の交通状況をいち早く捉え、看板・チラシなどによる注意喚起・情報提供に取り組んでいます。引き続き、ネットワーク整備や車線拡幅、効果的な情報提供等の対策も進めてまいります。