首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)は、首都高で行っている環境に配慮した様々な取組みの一環として、首都高で使用を終えた資機材の有効活用を目的に、「CIRCULATION SHUTOKO(サーキュレーション首都高)」に取組んでいます。

第1弾の使用済み横断幕を活用したトートバック「HATARAKU TOTE(はたらくトート)」や第2弾の使用済み工事案内看板を活用したスケートボード「Hi-W8(ハイウェイト)」の商品化に引き続き、この度、第3弾として使用済み横断幕と廃タイヤを活用したリサイクルタイヤサンダル「aruku-tire(歩くタイヤ)」が商品化されます。

今回は、廃タイヤを活用したサンダルの商品化を検討していた社会福祉法人白梅会から、弊社のコンセプトと一致する使用済み横断幕の利用を提案され、留め具のネジ1本まで全ての材料が使用済みの廃材という商品が完成したものです。

本商品は、12月13日から15日まで東京ビックサイトで開催される「エコプロダクツ2012」にて首都高ブース内に展示します。「CIRCULATION SHUTOKO」の新しい展開を是非ご覧ください。

第3弾 リサイクルタイヤサンダル 「aruku-tire(歩くタイヤ)」概要
製造販売者 社会福祉法人白梅会
商品名称 aruku-tire
提供素材 使用済み横断幕(ターポリン)
販売価格 3,900円(予定)
販売方法 カタログ販売、イベント時の販売他
発売日 平成25年1月初旬(予定)
お問合せ先 社会福祉法人白梅会 童里夢工房
TEL 042-334-4083/Fax 042-334-4092
Mail  aruku-tire@shiraumekai.com

リサイクルタイヤサンダル