平成20年4月15日

当社では、調査・設計や役務提供の業務について、公募によるプロポーザル方式の手続を積極的に活用する方策として、その手続を一部簡略化した「公募型プロポーザル方式(簡略手続タイプ)」を導入することとしましたので、お知らせします。

本方式は、当社ホームページに公示した後、参加希望者から参加表明書、技術(業務)提案書及び見積書を同時に提出していただき、これらを審査した結果、技術(業務)提案書の評価点が最高の者であり、かつ、業務規模として定めた金額の範囲内で有効な見積書を提出した者を契約の相手方として特定する方式です。

詳細については、個別の発注手続の際にお知らせします。