渋谷区南平台町付近(高速3号渋谷線高架下)で発生した火災における橋梁構造物の損傷 について、下記のとおり恒久復旧を実施します。
この火災により、お客様及び沿道の皆様には多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

恒久復旧方法等

  • 現在設置済みの応急補強材を撤去し、橋桁を構成する一部の鋼板の変形を矯正する補強材を設置して恒久復旧を実施します。
  • 高架橋本体以外の焼損した附属物の原形復旧を行います。
    ※「高速3号渋谷線高架下火災復旧検討委員会」(4月14日開催)により、損傷度調査結果と恒久復旧方法について、
     専門家を含めて審議し決定しております。

完了時期

  • 平成26年4月末(予定)(高架橋本体)
  • 平成26年7月末(予定)(高架橋本体以外の附属物)

作業による交通影響

高速3号渋谷線の通行止めは行いません。