「横浜環状北線建設の事業予定地における土壌調査結果について」(平成24年5月7日付け)にてお知らせをした橋脚基礎工事現場(横浜市都筑区川向町)で検出されたPCB(ポリ塩化ビフェニル)汚染物質を含む特定有害物質について、土壌からの除去が完了しましたのでお知らせいたします。
なお、「横浜環状北線及び関連街路岸谷生麦線事業予定地の取壊し予定建物地下部からのPCB検出について」(平成24年3月9日付け)でお知らせをした取壊し予定建物地下部(横浜市鶴見区生麦一丁目)から検出されたPCB(ポリ塩化ビフェニル)汚染物質については、既に除去が完了しており、これで横浜環状北線の建設事業に伴い検出されたPCB(ポリ塩化ビフェニル)汚染物質を含む特定有害物質については、すべて除去が完了しました。
除去したPCB(ポリ塩化ビフェニル)汚染物質については、今後、関係法令に則り適切に処分してまいります。