本日、「首都高速道路構造物の大規模更新のあり方に関する調査研究委員会 提言書」がまとめられ、首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)に提出されましたので、お知らせします。

提言骨子

1. 背景

  • 首都高速道路は、昭和37年の京橋~芝浦間(4.5km)に始まり、50年を経た現在、延長301.3km が供用し、首都圏の自動車交通の大動脈として機能。
  • 首都高速道路が100年先の未来においても、国際都市東京の重要かつレジリエンスの高い道路網として、安全を基礎に安心なものであり続けるため、大規模修繕、大規模更新を検討する場として、調査研究委員会を設置。

2. 大規模更新の具体的な実施区間

  • 検討路線6路線・約75kmのうち検討区間約47km(約6割)を抽出。
  • 大規模更新の実施区間は約16km(検討区間の約3割)
    (1)今後の維持管理上の問題:1号羽田線 東品川桟橋など
    (2)走行安全性の向上、防災機能の強化:4号新宿線 新宿カーブなど
    (3)ボトルネックの解消、防災機能の強化:3号渋谷線 池尻~三軒茶屋など
    (4)半地下部の走行安全性の向上、防災機能の強化:都心環状線 銀座~新富町
  • 調査・検討を行った上で大規模更新を決定する区間は、4号新宿線の千駄ヶ谷などの約4km
  • 大規模修繕の実施区間は約28km
  • 今回検討区間に抽出されなかった区間の当面の対応として、鋼床版へのSFRC舗装やRC床版下面への炭素繊維補強などを実施

3. 大規模修繕、大規模更新等に要する概算費用

注)概算費用は首都高速道路(株)による試算

  • 大規模更新、大規模修繕、当面の対応の概算費用の合計は約7,900~9,100億円
    (1)大規模更新の概算費用は約5,500~6,850億円(区間延長約16~20km)
    (2)大規模修繕の概算費用は約950~1,050億円(区間延長約28~32km)
    (3)当面の対応に必要な概算費用は約1,350億円
  • 概ね10年後には、検討区間約110kmが見込まれ、仮にその区間全てを大規模修繕する場合 は、約3,200億円が必要。

4. 大規模修繕、大規模更新の実施にあたっての課題

  • 1号羽田線の東品川桟橋、鮫洲埋立部等は、実施に向けて早急に検討に着手すべき。