大型車通行適正化に向けた関東地域連絡協議会(以下、「連絡協議会」という。)は、構成する道路管理者が中心となり、1都3県の警察及び関東運輸局の大型車両の走行に関係する3者の連携を深め、首都圏大規模同時合同取締を実施しましたので、お知らせします。
連絡協議会では、道路の適正かつ安全な利用を促進するために、特に道路構造物を劣化させる主要因である違法な重量超過車両への取組みを強化しており、今回新たに連携の輪を広げて東京都及び関東運輸局(埼玉運輸支局)が参画した同時合同取締を実施しました。今後も道路インフラを守るため『重量守り、道路を守ろう』を合言葉に大型車両の通行適正化を推進してまいります。

日時:平成30年11月9日(金)10:00~11:30
場所:別添実施箇所図参照
取締結果:道路法による取締結果は下表のとおり

取り締まりの様子

機関名・会社名 計測台数 違反台数
(道路法違反)
(内訳)
措置命令台数 指導警告台数
国土交通省関東地方整備局 17 7 0 7
東京都 4 4 0 4
埼玉県 2 2 0 2
首都高速道路株式会社 22 5 5 0
東日本高速道路株式会社 30 8 6 2
中日本高速道路株式会社 14 4 1 3
89(117) 30(48) 12(25) 18(23)

括弧内の数値は平成29年度の取締結果
※この他、道路運送車両法に基づく不正改造の取締りを同時実施し、違反車両2台に対し整備命令を発令しました。
※本合同取締は、一昨年度から連絡協議会の取組みとして、当会を構成する1都3県の道路管理者が中心となり、関係警察と連携しながら、下記問合せ先のメンバーで実施しました。