首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)は、平成22年10月より掘進を開始した横浜環状北線の本線シールドマシンが終点の子安台に到達しましたのでお知らせします。

横浜環状北線は、首都高速神奈川1号横羽線と第三京浜道路(東日本高速道路株式会社)を接続する全長約8.2kmの路線で、平成28年度の完成を目指して整備を進めています。
全長約8.2kmのうち約5.5kmのシールドトンネル区間では、2機のシールドマシン(ナッピー号、コッピー号)が平成22年10月より新横浜にある発進立坑(横浜市港北区新羽町)から子安台にある到達立坑(同市神奈川区子安台一丁目)に向かって掘進してまいりました。
昨年10月のナッピー号(生麦方面行きトンネル)に続き、コッピー号(港北方面行きトンネル)も3月7日に子安台側に到達したことで、横浜環状北線の本線シールドマシンの掘進が全て完了となりました。今後、シールドトンネル区間では、床版(車両が走行する道路面)や防災設備の設置作業等の工事を進めてまいります。

※ ナッピー号・コッピー号…北線により港北と生麦が結ばれることから、生麦の「ナ」、港北の「コ」を、さらに「ピー」は平和の「ピース」と幸せの「ハッピー」のピーから、「ナッピー号」と「コッピー号」と一般の方からの応募により名付けました。

横浜環状北線の本線シールドマシンが到達しました