首都高を、もっと楽しく 首都高で行こう

企業情報
CORPORATE INFORMATION

イメージ

プレスリリース(2010年度)

2010年09月17日
首都高速道路株式会社

「家族」をテーマにした交通安全標語(スマートメッセージ)を募集します

~首都高運転時の交通安全に対する意識調査結果を受けて~

首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:橋本 圭一郎)は、コミュニケーションの力で首都高の事故を減らす『東京スマートドライバー』プロジェクト(発起人:小山薫堂氏、賛同者数約39,000人)と連携し、交通安全に対する意識調査を実施しました。 
本調査の中で、「家族を乗せている時」に安全運転を心掛けるという回答が8割以上のドライバーから寄せられました。
そこで、「家族」をテーマにした交通安全標語(スマートメッセージ)を広く募集することといたしました。
なお、募集した標語については、首都高上に横断幕として掲げる予定です。
*『東京スマートドライバー』プロジェクトでは、ドライバーが共感できて安全運転をしたくなる交通標語をスマートメッセージと呼んでいます。

横断幕の設置事例
横断幕の設置事例

募集概要

募集期間:2010年9月17日(金)~10月31日(日)
募集方法:件名に「スマートメッセージ応募」と明記のうえ、東京スマートドライバー事務局info@smartdriver.jpまでお送り下さい。



意識調査の概要


調査方法:インターネット調査
調査日程:2010年7月16日(金)~7月19日(月)
調査対象:1,500名 / 月1回以上首都高を利用する、1都3県に居住する18歳以上の男女(18~30歳未満100名、30代500名、40代500名、50代300名、60代以上100名)


調査結果


・最も安全運転を心掛けるのは「家族を乗せている時」で83.0%。
・安全運転を心掛けるタイミングとしては「天候が優れない時」が68.9%、「車線を変更する時」が64.7%、「ジャンクションを通る時」が62.9%。
・安全運転を忘れてしまう場面は「急いでいる時」が41.6%、「1人で運転している時」が24.7%。

お問い合わせ

首都高速道路株式会社
 保全・交通部 交通安全対策グループ
 TEL 03-3539-9504