ETC未搭載車への対応として、当社が開発してきた「ETC未搭載車に距離別料金を適用するためのシステム(開発コードネーム;「首都高X」)」のための「通信器」の第1号試作機が完成しましたので、お知らせします。

 出口に料金所のない首都高で、ETCを搭載していない方の利用距離を把握するためのシステムの準備を進めてきました。このシステムは現時点では次のようなスキームを想定しております。
 「首都高X」をご利用になるときは、あらかじめ、首都高速入口付近の店舗や弊社パーキングエリアなどで「通信器と電子マネーカード」の(1)キットを借り、その場で通信器をシガーライターソケットに(2)取り付けていただきます。首都高の入口では、料金所で(3)一旦停止し、キット付属の電子マネーカードで(4)上限額をお支払い下さい。上限額と通行料金の間に差額が生じる場合は、翌日以降、店舗や弊社パーキングエリアなどにおいてキット付属の電子マネーカードで、上限額と通行料金の(5)差額を電子マネーとして端末で受け取れます。このシステムでは、(6)時間帯割引等はありませんが、(7)無記名・匿名で使えます。なお、ご利用できるのは(8)首都高のみです。

 今回開発した「首都高X通信器」の第1号試作機は、本体サイズが 縦 69 × 横 49× 高さ 13.5 mmと、普通の携帯電話の2/3程度の大きさで、その場で取り付けられるようシガーライターソケットを電源に使います。
 今後さらに検証・改良を加え、より簡単にご利用いただけるよう検討を進めてまいります。

 なお、「首都高X」は、「第40回東京モーターショー2007」(報道関係者招待日10月24日(水)~25日(木)、一般公開日10月27日(土)~11月11日(日))の弊社ブース(2階モール東ゾーン)においても展示いたします。