弊社グループ会社である首都高トールサービス西東京株式会社(代表取締役社長 中山尚信)において、料金所係員(同社社員73歳)による通行料金の収受に係る不正行為(通行料金15,140円の着服)が明らかになりました。
この事実を受けて、首都高トールサービス西東京株式会社は平成30年7月2日付けで、同社員を懲戒解雇としました。
弊社といたしましては、グループ会社においてこのような事態を招いたことに対しまして、お客様をはじめ、関係者の皆様に対し深くお詫びするとともに、首都高トールサービス西東京株式会社に対して、再発防止策の策定等速やかな対応を指示しました。今回の事件を真摯に受け止め、グループ会社の指導・監督の強化を図り、再発防止に取り組んでまいります。