首都高を、もっと楽しく 首都高で行こう

首都高の取り組み
EFFORTS OF SHUTOKO

首都高の取り組みイメージ

低濃度脱硝設備(横浜北線横浜北トンネル)

火力発電所や工場からの排出ガスを対象とした高濃度、高温ガスを処理する脱硝技術は産業公害対策として実用化されていましたが、横浜北トンネルに採用されている低濃度脱硝設備は、低濃度、常温、大風量のトンネル内空気を対象とし、狭隘な換気所スペースにおいて設置可能とした設備です。 低濃度脱硝設備を設置することにより、換気塔周辺の環境負荷の低減に努めています。

低濃度脱硝設備の管理状況について

横浜北線横浜北トンネルの各換気所における低濃度脱硝設備の除去率等の計測結果は以下のとおりです。

脱硝設備位置図

新横浜 馬場 子安台

※換気所名をクリックすると計測結果(PDFファイル)が表示されます。

計測結果についてのお問い合わせ
首都高速道路株式会社 神奈川管理局 調査環境課 TEL 045-451-7912