首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 年耕)は、平成29年3月18日(土)に開通しました横浜北線(横羽線~第三京浜)について、開通後の利用状況(速報)を取りまとめましたのでお知らせします。

  1. 開通した横浜北線は、1日あたり約16,000台(新横浜~岸谷生麦間)のご利用をいただいています。
  2. 新横浜駅と羽田空港(空港中央出入口)間の所要時間は、混雑時であっても約12分短縮しています(約43分→約31分)。
    新横浜駅と羽田空港を連絡する高速バスの運行ルートが横浜北線経由となり、所要時間を短縮したダイヤ改正を実施するなど、具体的な効果が現れ始めています。
  3. 新横浜(新横浜出入口)と横浜港(本牧ふ頭出入口)間も、混雑時であっても約8分短縮しています(約24分→約16分)。
  4. すでに開通区間をご利用されたお客様から、便利でスムーズに利用することができて満足との声をいただいております。

ご注意ください

横浜港北ジャンクション(JCT)は、横浜北線と第三京浜が接続するJCTです。一般道路との乗り降りはできません。横浜北線をご利用の方は、新横浜出入口をご利用ください。

今回は速報値であり、開通による詳細な整備効果等については、周辺の一般道路の交通状況などについて引き続きデータの収集・分析を行った上で、お知らせしてまいります。