構造的な特徴により、損傷が発生している橋梁を対象とし、径間(橋脚間)単位で全面的に修繕することにより、新たな損傷の発生・進行を抑制し、長期耐久性を向上します。

鋼桁疲労き裂に対する補修

図

RC床版ひび割れに対する補修

図

鋼床版トラフリブき裂に対する補修

図

鋼製橋脚隅角部に発生した疲労き裂に対する補強

図