弊社では、工事契約の入札不調が発生していることを踏まえ、入札不調発生後に総合評価値が最高の者1者と価格交渉を行い、交渉において妥当性を確認した上で、標準積算した設計金額を上回ってもその内容を反映することが可能な「競争入札後価格交渉方式(見積審査タイプ)」を試行導入しますのでご案内いたします。
本方式の適用工事は、当初入札を「施工能力確認方式」又は「一般競争入札」で実施し入札不調となった案件のうち、一定の要件に該当する案件となります。