下記の設計要領・技術資料の改訂を行います。

1.「建築物構造設計要領」

土木構造物上に設置される場合の構造設計上の留意事項の追加等、本要領の条文及び解説の改訂を行った。

2.「機械設備設計要領(トンネル換気設備編)」

既設換気設備の改修時における規模決定に適用するため、換気設備規模の決定フロー、交通条件等の設計条件の改訂を行った。

3.「機械設備設計要領(軸重測定設備編)」

耐久性及びメンテナンス性を向上した分割式載荷板の仕様を追加する等の改訂を行った。

4.「機械設備設計要領(路面排水ポンプ設備編)」

ポンプ運転時の配管内流速について、沈殿物が堆積しないよう最小流速と最大流速の規定値や塗装仕様の見直し等の改訂を行った。

5.「電気通信設備設計要領」

変電塔について、SF6の代替としてドライエアを用いた環境配慮型変電塔を追加する等、本要領の条文および解説を改訂した。

6.「電気通信機器設計資料(一部改訂)」

変電塔について、SF6の代替としてドライエアを用いた環境配慮型変電塔を追加する等、本技術資料の条文および解説を改訂した。

7.「電気通信工事施工技術資料」

変電塔について、SF6の代替としてドライエアを用いた環境配慮型変電塔を追加する等、本技術資料の条文および解説を改訂した。

オンライン図書販売はこちら