下記の設計要領・技術資料の改定を行います。

1.「機械設備設計要領(トンネル換気設備編)」

坑口持ち出し量の計算法について、CFD解析による検証を実施し、実験式を作成する等の改定を行った。

2.「機械設備設計要領(路面排水ポンプ設備編)」

ポンプ制御及び水位計測は、静電容量式を主とし、水位検知のバックアップとして電極式を設けることとする等の改定を行った。

3.「電気通信設備設計要領」

交通管制用テレビカメラについて、カメラ種別に旋回ズーム式を追加し、遠隔監視・制御を可能とする等、本要領の条文および解説を改定した。

4.「電気通信機器設計資料(一部改定)」

車両感知器について、車両感知器に伝送装置機能を組み込んだ交通流車両感知器を追加する等、本技術資料の条文および解説を改定した。

5.「電気通信工事施工技術資料」

露出金属管工事について、落下防止機能を備えた金属管支持金物の施工方法を追加する等、本技術資料の条文および解説を改定した。

オンライン図書販売はこちら