下記の設計施工要領(土木)の一部改訂及び制定を行います。

1.「橋梁構造物設計施工要領 コンクリート片剥落防止編」(一部改訂)

施工時の抜取試験による製品確認や品質確認試験の実施の徹底を目的として、本要領「8章 施工」の条文および解説を一部改訂した。

2.「コンクリート床版補強設計施工要領」(制定)

既存の、鋼橋のRC床版を対象とした「RC床版の補強設計・施工要領(案)(平成6月5月)」(鋼板接着工法,縦桁増設工法)とコンクリート橋の床版を対象とした「コンクリート橋の床版補強設計・施工要領(平成15年5月)」(炭素繊維接着工法,鋼板接着工法,リブ付鋼板接着工法など)を統合し、新たに制定した。補強方法は、炭素繊維格子接着工法による補強を基本としている。

オンライン図書販売はこちら

正誤表・差し換えファイルはこちら