首都高速道路株式会社は、国土交通省が平成26年2月からの公共工事の工事費の積算に用いるための公共工事設計労務単価を決定したことに伴い、平成26年2月17日以降に入札等を行う工事に用いる工事設計労務単価を新労務単価として改定します。
なお、平成26年2月1日から2月16日までに入札等を行う工事は、旧労務単価を適用して予定価格等を設定しているため、契約締結後、受注者からの請求により新労務単価に基づく請負代金額への変更が協議できるよう特例措置を講じることとしましたのでお知らせします。

参考資料 平成26年2月から適用する工事設計労務単価の運用に係る特例措置について(平成26年2月5日追記)