下記のトンネル構造物設計要領(シールド工法編)を改訂します。

1.「トンネル構造物設計要領(シールド工法編)」(改訂)

トンネル構造物設計要領(シールド工法編)(H20.7)に対し、中央環状品川線及び横浜北線における検討事例等を反映するとともに、平成28年に改訂された「トンネル標準示方書[共通編]・同解説/[シールド工法編]・同解説」(土木学会)や平成29年に通知された「シールドトンネル工事に係る安全対策ガイドライン」(厚生労働省)といった関係基準との整合を図る改訂を行った。

オンライン販売はこちら