電子納品ガイドラインの一部改訂について

今回の改訂では、工事しゅん功時のしゅん功図書からマイクロフィルムを廃止し、この廃止に伴い、電子納品対象書類の追加等の見直しを行いました。
なお、新しい電子納品等運用ガイドラインは、平成29年7月13日より適用となります。

電子成果を作成するにあたっての注意事項
(これまでの実績を踏まえ特に注意していただきたい事項)

  • 図面のデータは原則でCADデータとしています。
    主任監督員との協議によりtifなどのイメージデータとすることができますが、簡易な図面以外を除いては将来的な用途も考慮し基本的には認めません。
  • 工事写真については、ガイドラインに示されている必要最低限の枚数としてください。
    必要以上の写真を収録し、納品するCD枚数を増やさないようにしてください。
  • 工事しゅん功図A3判縮刷版製本集に用いる用紙は「国等に基づく環境物品等調達の推進等に関する法律」(通称:グリーン法)に対応した用紙を使用してください。

詳細はこちらをご覧ください。