首都高速道路株式会社は、国土交通省が平成26年2月からの公共工事の業務委託等の積算に用いるための技術者単価を決定したことに伴い、調査・設計業務における技術者単価について平成26年2月1日に新労務単価として改定を行い、同日以降に契約する業務に適用することとしましたので、お知らせいたします。
なお、平成26年2月1日以降に契約する業務のうち、平成26年2月16日以前に業務規模を提示または入札を行う業務については、旧技術者単価を適用して『業務規模として定めた金額』等を設定しているため、契約締結後、受注者からの請求により、新技術者単価に基づく請負代金額への変更が協議できるよう特例措置を講じます。